途中断念も考える

Posted by

弁護士に債権回収を行ってくる場合、弁護士費用や回収方法の費用によっては結構お金がかかることがあります。債権回収の進行具合によっては途中断念を考えることを忘れずに弁護士に相談をするようにしてください。

あくまでも債権回収で回収されるものは本来獲得する金銭です。ですから、回収段階の金額よりも金額を上げることが出来るということは基本的に出来ません。そして、それを回収するための費用というのは回収した金額からひかれることを考えてください。ですから、回収する金額によっては金額の高い回収方法は使えない場合があります。しかし、それでも上手くいかないことが多くあります。そして弁護士費用が高くなってくる場合があります。場合によっては弁護士費用が債権回収金額を超える場合もあります。そのような場合どうするかを考えて行動するようにしてください。場合によっては断念なども考えましょう。

回収を辞める際の引くタイミングはしっかりと考えてください。引くということは負けたことになりますので回収金額から差し引きすることが出来ません。ですから、多くの弁護士費用を使って負けたことになります。しかし、引くということは場合によっては完全に敗北したよりも途中で辞めた分、弁護士費用を抑えることも出来るのでその点を考えてください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket